posted by user: bonotake || 1902 views || tracked by 7 users: [display]

FOSE 2013 : 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀

FacebookTwitterLinkedInGoogle

Link: http://sdl.ist.osaka-u.ac.jp/fose2013/
 
When Nov 28, 2013 - Nov 30, 2013
Where Kaga, Japan
Submission Deadline Jul 1, 2013
Notification Due Sep 6, 2013
Final Version Due Sep 30, 2013
Categories    software engineering
 

Call For Papers

日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会

第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀
講演論文募集のお知らせ

■ワークショップ開催概要

日程:2013年11月28日(木)~30日(土)

開催場所:ゆのくに天祥
〒922-0298 石川県加賀市山代温泉19-49-1
http://tensyo.yunokuni.jp/

主催:日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会
共催:IEEE Computer Society Japan Chapter
協賛:情報処理学会 ソフトウェア工学研究会
電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会
電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会

URL: http://sdl.ist.osaka-u.ac.jp/fose2013/
問い合わせ: fose2013[at]easychair.org
[at] を@に変えてください.

■主要スケジュール
・カテゴリ1(通常論文)
締切:     2013年 7月 1日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年 9月 6日(金)
印刷原稿締切: 2013年 9月30日(月) 17:00

・カテゴリ2(ライブ論文)
締切:     2013年 9月 9日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年 9月24日(火)
印刷原稿締切: 2013年 9月30日(月) 17:00

・カテゴリ3(ポスター・デモ)
締切:     2013年10月 7日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年10月14日(月)


■ワークショップの目的

情報技術の普及がソフトウェアの適用範囲をますます広げていく今,ソフト
ウェアを社会基盤となる知的資産として活用するため,ソフトウェア工学はさ
らに格段の進歩をとげなければなりません.FOSEはこの挑戦に向けてさまざま
な基礎技術を確立することをめざし,研究者・技術者の議論の場を提供するも
のです.


■募集カテゴリ

ソフトウェア工学の基礎技術に関連する発表を募集します.
基礎技術の応用方策や,実践からの基礎技術の抽出を提示するものも含みます.

本ワークショップの予稿集は,
「レクチャーノート/ソフトウェア学シリーズ」の書籍として
近代科学社より出版される予定です.
なお,出版に際して,著者から利用許諾を提出していただきます.

本年は次の3つのカテゴリで発表募集を行います.

【カテゴリ1】 通常論文 - フルとショート(掲載あり)

ソフトウェア工学の基礎技術に関連する論文を募集します.基礎技術の応用方
策や,実践からの基礎技術の抽出を提示するものも含みます.
フルペーパー(10ページ以内),ショートペーパー(6ページ以内)の2種類を
募集します.フルペーパーは,研究として完成またはある程度完成しており,
今後,論文誌への掲載に発展する可能性のあるものと位置付けています.
ショートペーパーは,研究等の取り組みを通じて得られたアイデアや問題点,
成果の概要を速報的に紹介するためのものととらえております.

応募された論文はプログラム委員による査読ならびにプログラム委員会により
採否を決定します.

本ワークショップ予稿集に掲載されます.なお,採否決定に際して,論文の
ページ数について増減をお願いすることがあります.

また,投稿された論文のうち優れた論文は,研究会推薦論文としてコンピュータ
ソフトウェア誌に推薦されます.

締切:     2013年 7月 1日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年 9月 6日(金)
印刷原稿締切: 2013年 9月30日(月) 17:00

【カテゴリ2】 ライブ論文(掲載あり)

会場にてポスター・デモ発表する内容(2ページ以内)を募集します.
研究の初期段階における成果の発表,作成したツー ルのデモンストレーション
を発表する場としてはもちろん,企業におけるソフトウェア工学技術の実践・
適用事例のご報告や,学生等の若い研究者の方々に対する発表の場としても
活用いただければと思います.
応募された論文はプログラム委員会により採否を決定します.

本ワークショップ予稿集に掲載されます.

締切:     2013年 9月 9日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年 9月24日(火)
印刷原稿締切: 2013年 9月30日(月) 17:00

【カテゴリ3】 ポスター・デモ発表(掲載なし)

会場にてポスター・デモ発表する内容(題目と200字程度の発表内容)を募集し
ます.
カテゴリ1およびカテゴリ2と異なり,本ワークショップ予稿集に掲載されません.
既発表・多重投稿等を気にする必要がありませんので,お気軽に発表してくだ
さい.

応募された提案はプログラム委員会により採否を決定します.

締切:     2013年10月 7日(月) 17:00
審査結果通知: 2013年10月14日(月)


■投稿方法

EasyChairを利用した投稿を予定しています.
EasyChairでの投稿方法,および利用方法については
ワークショップのウェブサイトを参照ください.
URL: http://sdl.ist.osaka-u.ac.jp/fose2013/


■投稿フォーマット

 【カテゴリ1】専用のスタイルファイル(ワークショップのWebページ参照)を
        使用し,フルペーパーの場合は10ページ以内,ショートペーパーの
場合は6ページ以内で作成したPDFファイル.

 【カテゴリ2】カテゴリ1と同じ専用のスタイルファイルを使用し,
        2ページ以下で作成したPDFファイル.

 【カテゴリ3】題目と200字程度の発表内容をEasyChairで投稿して下さい
        (PDFファイルは必要ありません).


■特集号の企画

 特集号を予定しています.
詳細につきましては,決定次第改めてお知らせいたします.


■プログラム委員会

プログラム委員長:
岡野浩三(大阪大学)
関澤俊弦(大阪学院大学)

出版委員長:
石尾隆(大阪大学)

プログラム委員:
(TBA)
 決定次第改めてお知らせいたします.

Related Resources

CAiSE 2018   CfP: CAiSE 2018 (30th International Conference on Advanced Information Systems Engineering)
AI 2017   3rd International Conference on Artificial Intelligence and Applications
ACM - ICMLSC - Ei 2018   ACM--2018 the 2nd International Conference on Machine Learning and Soft Computing (ICMLSC 2018)--Ei Compendex & Scopus
MathSJ 2017   Applied Mathematics and Sciences: An International Journal
AIAP 2018   5th International Conference on Artificial Intelligence and Applications
IJITMC 2017   International Journal of Information Technology, Modeling and Computing
IJRAP 2017   International Journal of Recent advances in Physics
ICSS 2017   3rd International Conference on Software Security
IJCSES 2017   International Journal of Computer Science and Engineering Survey
IJCSEIT 2017   International Journal of Computer Science, Engineering and Information Technology